食わず嫌いな人は自ら理想の未来を放棄している

『食わず嫌い』・・・食べたことがなく、味もわからないのに嫌だと決め込むこと

 

あなたはこの言葉を聴いたことありますか?

私は高校時代、近所のスーパーでアルバイトをしていました。
鮮魚コーナーを担当していました。

 

仕事の内容は

 

魚をパック詰めして値段のバーコードを貼ったり
棚に陳列品したり
時には魚を捌くこともありました。

 

あなたは”ホヤ”って知ってますか?

 

こんなやつです。↓↓↓

 

ホヤ画像

 

地球上の生物とは思えないグロテスクな生き物・・・

 

幼いころスーパーに行くと母が必ずというほどこの”ホヤ”を父のために買って帰るのです。

この見た目の酷さから

 

『絶対これは食べ物じゃない!!!』

 

と、心が悲鳴をあげていました。

 

このグロテスクな”ホヤ”も時々入荷してきます。

結構売れているんですよね。

入荷すればすぐに売り切れる日がほとんどでしたから。。。

 

陳列棚のホヤが売り切れると

 

『誰がこんなの食ってんのよ!!』

 

と思っていました。

 

ある日、スーパーの次長さんに『ホヤ捌いてみる?』と言われ、
嫌々・・・捌き方を教わりました。

 

『ゲー!!!この宇宙人みたいな生き物!!!

気持わるーーー!!』

 

ですが、仕事である以上やらなければいけませんでしたので
必死でその宇宙人と戦いました。

 

捌いたあと次長さんが
『ちょっと食べてみる?』
と私にシソと絡めたホヤを出してきました。

こんなヤツです↓↓↓

ホヤ捌いた後

『マジ?これ食べなきゃないの???』

と、ブツブツ心の中でつぶやきましたが
次長さんに進められたので断りきれず1つ食してみました。

 

『ホヤって・・・・うまいじゃん!!』

 

私は17年間もこの味を知らずに生きてきたなんて・・・もったいない。
こんなにおいしいホヤを見た目だけで嫌いと思っていたなんて・・・人生損した。

 

と同時に、

 

食べてみて良かった~!いいこと知った~!

と思いました。

 

食べ物の例え話になりましたが・・・

 

何かをやる前から、それを嫌だと言っていると

現在の世界と、未来の世界に自ら壁を作ってしまっていることになります。

 

未来を変えられない人は『行動力』に欠けています。

 

他人の意見に耳を傾けず
自分の思い込みで意地を張り

『私は出来ない!!』と自己主張が強くなりがちなのです。

 

一見

”自己主張が強い人”は、

自分の意見をしっかりと持った人と思われがちですが

逆を言うと、『自分自身を閉ざしてしまっている』部分もあるのです。

 

自らの可能性の範囲を狭めせっかくのチャンスを放棄してしまっているのです。

 

成功へ近づくためにはどんなに小さなことでもとにかく始めてみること。

 

おいしい話かおいしくない話か・・・良いか悪いかなんてやってみなければわかりません。

 

ネットビジネスに置き換えると、経験値が少ないと読者を納得させる記事を書くことができません。

 

アイスクリームの写真を見て、おいしさを伝えてくださいと言われても

実際食べてみた記事

食べていないで書く記事

全く別物になりますよね。

 

アフィリエイトでよくある話なのですが
”最短の道のりで稼ぐ”とかってありますよね。

 

私は長期に渡って収入が入る仕組みを作ることをお勧めしています。

 

ですので、あなたが思っているような”地味・コツコツ・飽きてしまう長い道のり”が
実は最短で稼ぐ方法なのです。

 

なぜかというと、

 

行動して経験を積むことで、より質の高い記事を提供してく事が可能になります。

それが、やがて収入や人脈などあらゆる報酬へと変化していきます。

 

やがて、どんどん世界が広がっていきます。

 

しっかりとした記事を提供していくことで、長きにわたり読者に愛されるサイトになっていきます。

”伝統工芸”のようなイメージですよね。
始めはいろいろなものををスポンジのように吸収し
それを磨いていくことでより良いものを作り出していく

 

こんな感じです。

 

『私は無理だから!できないから!』

と言い訳をせずどんどん、チャレンジしていってくださいね☆